パートナーが浮気していると分かっても

かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結

HOME > パートナーが浮気していると分かっても

パートナーが浮気していると分かっても

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはするべきではありません。浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。結婚した人の不倫を調査を探偵に頼む時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって協議します。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。興信所などによって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。不倫行為が確実ではない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。調査により浮気が確定した場合に、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。探偵には悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が難しくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。探偵に依頼したからといって、100%成功することはあり得ないのです。うまく行かなかったときの報酬についても、依頼をする時に契約書に盛り込むことが必要なのです。法律的に、結婚している男女が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを浮気といいます。すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら普通のデートをしたとしても、不倫ではありません。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。当然、探偵事務所が運営するホームページに記載された口コミを見るのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに載っているような口コミを確認するのがお勧めです。探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼性が高いのは明白です。浮気をしている事がSNSを通じてばれてしまうこともあります。コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでパートナーも無意識のうちに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が珍しい事ではありません。場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら読んでみて下さい。いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査に関しては成功ということになります。実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気とは分からないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬としての料金を請求されます。ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。最近はメール、LINEで連絡を取ることが多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。ふとした時に電話している可能性は否定できないのです。どのような行為をしているか記すことで浮気の根拠を示せることもあります。日々の人間の行動には、ほぼ習慣ができます。けれども、浮気をすると、決まったパターンが崩れます。揺らぎの出た曜日、時間帯を見つけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結 All rights reserved.