相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を

かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結

HOME > 相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を

相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を

相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。探偵なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し覚られないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、結果として成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。その結果として、成功報酬であっても、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気のことがわかるものをつかむ事もできる可能性があります。いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも見ることが多くなったら、その周辺に普段から何度も行っていることになるのです。そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。浮気の裏付けがSNSで見つかることもあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでついうっかりパートナーが、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が多発しているように思われます。中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をネットにアップしてしまう事もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら読んでみて下さい。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。短時間で調査を完了すると請求金額も少ないです。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまう脚本もしばしば書かれます。配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも選択肢の一つです。別れるつもりがあるならば、取っていい行動といえるかもしれないです。法律の上で、結婚した人が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを浮気といいます。すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえないということになります。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。探偵に浮気の調査を要請して、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうこともあります。加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、大きく消耗することになります。GPS端末は、車の目に触れないところに取付して、行動の様子をリアルタイムで監視し、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して分析することもできます。普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結 All rights reserved.