あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配

かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結

HOME > あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。探偵が浮気調査する時でも時には失敗することもあります。探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることが全くないことは全くありません。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。浮気調査の依頼をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査によって一定とは限りませんが、2人で調査することが多いようです。ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、浮気をしているかの確認を調査員1人で浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度計画を練り直して調査員の数などの詳細を決めていきます。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。また、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめます。浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。ふとした時に電話している可能性は十分考えられます。浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それは逆上してしまう可能性は否定できません。 貴方自身が大丈夫だと信じていても、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが過去にも多いのです。無事に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。よく着る服装が変化してきたら、浮気の恐れがあります。浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、かなり浮気の恐れがあります。とりわけセクシーな下着を身につけるようになったら、浮気をしている場合が多くあります。探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話して正面からの調査を行う傾向にあります。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると言っていいでしょう。浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。SNSは実名を公表しないので注意不足で相手が、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに公表している場合もあるのです。相手のアカウントを知ることができるなら検索してみて下さい。不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、間違いのない、裏切りの数々を掴まなければなりません。貴方が、探偵に助けを求めるのならば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、捉えてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、整えて貰えます。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 かなえや護符「だるい」「疲れた」そんな人のための水道凍結 All rights reserved.